妻の両親と一緒のマイホーム!うまくやっていけるかな?

Posted by in マイホーム

マイホームといえば一生かけてでも手に入れたい人生の中でも高額な買い物です。
その購入の仕方も人それぞれだと思います、基本的にはローンを組んで買う人がほとんどでしょう、しかし中には羨ましい人もたくさんいるのではないでしょうかね。

妻の両親と一緒に住むことを検討し始めた

妻の実家ではお父さんとお母さんが二人で住んでいます。
木造で築年数は言いたくないほど古かったですね。
建物はとても古いですが妻の両親はとても綺麗好きだったので中は清潔にされていました。
2人にとってはかけがえのない思い出のマイホームをですものね。
いつしか私と妻はそこの土地を利用していわゆる二世帯住宅のようなマイホームを作れたらいいなぁと言うことを少しずつ検討するようになりました。
何年も検討した結果、実家の今ある木造の家を取り壊してマイホームを建てることになりました。
決断を下すまでには私も踏ん切りがつかないこともたくさんありましたが、みんなで決めたことですから今は納得しています。

いざ建てるとなると緊張が止まりません

地元の不動産屋にお願いをして建設会社を紹介してもらい色々検討させていただきました。
当然1社だけではなく何社か見積もりを取りみんなで話し合いました。
大変でした色々と、あれがいいとか、これがいいとか、あれはダメとか、みんなの意見をまとめるのは本当に大変でした。
建築業者さんも色々な人がいましたね。
特に営業の人は喋りが上手い人がいますので、なるべくそれに惑わされないように注意しました。
お金がかかることですからね、簡単にはいかないのは当然です。
しかしいざ契約が決まった時は結構緊張しました。
もう後戻りはできないわけですからね、安い買い物ではありません、失敗は許されません。

建築中はほぼ毎日記録を取るように心がけ

建築中はほぼ毎日記録を取るように心がけ
建築をしている間は基本的に用事がない限りは毎日写真を撮るようにしていました。
解体の時からずっと撮っていました、一生に一度のことですから記録を取っておくのは大事。
あまりこういうことは言いたくありませんが、もし何か業者とのトラブルなどがあった時に必ず必要になってくるものですよね。
さらに自分たちの思い出としても写真を撮っておきたいですよね、やっぱり。
マイホームに住んでまだ数年しか経っていませんが、今でもその建築中の写真を見てニヤニヤしている私がいます。
私は写真だけではなく動画もたくさん撮っておいたので家族みんなで楽しんでいますよ。

もしマイホームを建てるという機会がある人は、出来る限り建築中のあらゆる工程の記録は撮っておいた方がいいと思います。
何かあった時の保険、もしくは家族みんなで思い出を振り返るため、動画でも画像でもどちらでもいいと思いますが、できれば両方撮っておいた方が思い出を振り返る時には盛り上がること間違いなしですよ。