同居するなら後悔しないマイホーム作りを!

Posted by in マイホーム

昔から嫁姑の間には越えられない壁があり、トラブルの元でした。
できるなら、だれしも同居は避けたいものですよね?しかし、そうは言ってられない事情もあるかと思います。
そこで我が家はできるだけお互いが快適に生活できるような家を建てました。
それが、同居で尚且つ義両親と良い関係を長く続けられる唯一の方法でしょうか。

二世帯住宅は大まかに3つの種類がある

私の場合は、同居をするにあたって、事前に二世帯住宅に関して調べました。

二世帯住宅は大まかに言って、完全同居型、一部共有型、完全分離型と3種類に分けられます。
完全同居型は、1階部分が親世帯、2階部分が子世帯となっており、玄関やキッチン、浴室が共有となっています。
一部共有型は、1階部分が親世帯、2階部分が子世帯というのは完全同居型と同じですが、玄関や浴室など一部分だけが共有となっているスタイルです。
完全分離型は、両世帯が完全に分けられているスタイルです。
一部共有型や完全分離型でも、バルコニーが共有となっていたり、中庭が共有となっていたり、といったスタイルがありました。

失敗する二世帯住宅とはずばりコレ!

大まかに3つの二世帯住宅をあげましたが、この中で最も避けた方が良い、というか避けなければいけない住宅スタイルはわかりますよね?
そうです、完全同居型です。
毎日の食事を共にするというのは想像以上に辛いものがあります。
義両親が使った後の水回り、掃除できますか?洗面所の排水溝やウォシュレットの掃除、なかなかキツイですよ?

予算の関係もあるでしょうが、何がどうあっても避けてください。
ここを妥協したせいで、ストレスで体調を崩して病院通い、というママ友もいました。
病気までいかなくとも、気晴らしに外食したり買い物したりと、のちのち余計にお金を使う羽目になります。

おすすめの二世帯住宅と我が家の間取り

できるなら同居は避けたいですが、逃げられないのなら、ストレスの少ない二世帯住宅を建てましょう。

そんな私が選んだのはもちろん、完全分離型の二世帯住宅です。
完全分離型は家の中で両世帯が仕切られています。しかし、それだと親世帯は「せっかく同居なのに・・・」とぶつぶつ。
けれど、仕切られているといっても、ちゃんと家の中で子供が行き来できるよう両世帯の真ん中にドアが設けられていますので安心して下さい。
ドアに鍵はあっても同居嫁としては鍵をかけられませんが、ないより断然マシです。
我が家の場合は、ドアに鈴を付けています。
子供が親世帯に行った時にわかるように、という名目ですが、本当は義両親が子世帯に入って来たときにわかるように、という理由です。

また、我が家は2階部分はすべて子世帯、1階部分は両世帯で分けています。
親世帯は平屋のようなスタイルです。

子世帯の1階部分は、子供たちの部屋にし、2階にリビングなど生活の拠点を置きました。
これは、リビングを2階に置くことにより親世帯が階段を上がって来にくくする為です。
そして子供部屋を1階におくことで、子供の足音などの騒音に気を遣うことがないようにしました。

義両親とのトラブルが夫婦喧嘩の元となり、離婚という最悪の結果になりかねません。
みなさんも、くれぐれも同居をする際、二世帯住宅を建てる際は十分に検討して下さい。